子ども用プログラミングおもちゃ【embot】が面白い

子ども用プログラミングおもちゃ【embot】が面白い

子ども向けのプログラミング教育おもちゃ【embot】をレビューします。

小学校でのプログラミング必修化、大学受験での「情報」新設の検討、共通一次試験での「論理的思考力」の重視。

今の大人が子どもだった頃と違い、これからの時代の子どもは、プログラミングをはじめとするコンピュータを使いこなす技術、思考力がお求められていきます。

それは単に理系の仕事につく子どもだけでなく、人生のあらゆる場面において役に立つ「論理的思考力」「問題発見能力」「問題解決力」を養うのに、プログラミングが適しているからです。

アメリカではSTEM教育と呼ばれる、子供向けのプログラミング教育が導入されており、日本でも小中学生のプログラミング教室が増えてきました。
しかし、これらの教室は月謝も高めですし、何より東京以外の地方ではまだまだ数も少ないのが現状です。

そこで、実際にプログラミング教室に通う前に、自宅で手軽にプログラミング教育を体感できる「おもちゃ」が売れているんです。

プログラミングおもちゃとは、子ども向けに作られたロボット教材とスマートフォンなどを使って、子どもが直感的にプログラミングを学べるおもちゃ。

プログラミングおもちゃ

そのプログラミングおもちゃの中でも、売れ筋ナンバー1と言われる「embot」は、大人でも楽しめるよく出来たおもちゃです。

このプログラミングおもちゃ「embot」について、詳しく紹介します!

embotはロボットとスマホでプログラミングを学ぶおもちゃ

embotの対象年齢は6歳以上。

小学校低学年から、大人まで工夫して楽しめるプログラミングおもちゃです。

embotの内容

embotの内容embotの中身は、ロボットの骨組みとなるダンボールパーツ、ロボットの心臓となるモーターやマイコンなどの電子部品、組み立て説明書などのマニュアル

そして、完成したロボットを動かすプログラミングを作る専用アプリとなっています。

embotの組み立て
子どもは、自宅に届いたembotをマニュアルを見ながら組み立て、ロボットを完成させます。

embotのスマホアプリ
その間に、お手持ちのスマートフォンかタブレットにembotの専用アプリをダウンロードしておき、embotに同梱されているアカウントとパスワードを入力。
embotのアプリ画面

アプリ内でチュートリアル動画を見たり、実際にロボットを動かすプログラミングを学んでいきます。

タブレットでembot

embotはシンプルなダンボールおもちゃだからこそ、カスタマイズが無限

embotは、最初に届くキットを説明書どおりに組み立てれば、低年齢の子どもでも簡単にロボットを完成できるおもちゃです。

そこから先は、子どもの発想力次第でいくらでもカスタマイズ可能。

ダンボールだから、壊れやすい、濡れたら終わりなど不安に思うかも知れませんが、実はダンボールだからこそ無限に拡張していける面白さがあるのです。

embotのカスタマイズ

説明書どおりのロボットだけでなく、ペンやシールでデコレーションしてみたり、さらにダンボールでパーツを作って追加してみたり。

embotはAmazonのダンボールに入って届きますから、そのダンボールを自分でハサミやカッターで切って新しいパーツを作るのにも挑戦してみましょう。

embotのカスタマイズ

子ども向けの知育おもちゃと思いきや、実は大人でも楽しめる面白さがありました!

embotのカスタマイズ例

embotのYoutubeチャンネルで、実際に子どもたちが作った改造例が紹介されています。

ダンボールの骨組み、モーター、マイコンという「ロボットの仕組み」を理解することで、こんなに自由な発想が出来るんですね!
子どものおもちゃと思って侮っては行けないようです!

仕組みを理解してプログラミングするおもちゃ

上で紹介したembotのカスタマイズ例は、単に子どもがダンボールおもちゃで形を作っただけではありません。

その動作を支配する、プログラミングも子どもたちが作っているのです。
これがプログラミングおもちゃの凄いところです。

「指定時間になったら起動してハンマーを振り下ろす」

「傾いたらモーターで底面を持ち上げて起き上がる」

「信号が赤のときはとまれ、青のときは進めの動作をする」

このように、私達が日常生活の中で何気なくしている動作を、ロボットに命令するためには、その動作を一つ一つ細かく分けて、指示していかなければいけません。
「大きな問題を小さな問題に分割して考える」というのが、プログラミング的思考の大事なポイント。

こういった論理的思考力を育てる教育の導入に、プログラミングおもちゃは最適なのです。

プログラミングおもちゃ【embot】で子どもの好奇心を刺激しよう

私達が子供の頃にも、手作りロボットのおもちゃ、プラモデルなどはありました。

しかし、現代のプログラミングおもちゃは全く違うものです。

プログラミングおもちゃの凄さ・ロボットを自分の手で組み立てる
・ロボットが動くプログラムも自分で作るこのように、子どもが「ハードウェア」と「ソフトウェア」の両方を自分で作れるおもちゃというのは、かつて無かったものです。

今日ではプログラミング教室も都市部を中心に増えていますが、月謝も1万以上と高額だったり、地方在住の方には送り迎えも大きな負担になったりします。

そうした中で、お手頃の価格で自宅で遊べるembotのようなプログラミングおもちゃは、プログラミング教育の導入として最適です。

プログラミング教育に興味をお持ちの方は、ぜひ「おもちゃ」から始めてみては如何でしょうか?

関連記事

  1. 学校用タブレット保管庫:31万円 プログラミング教育は大丈夫?

    学校用タブレット保管庫:31万円 プログラミング教育は大丈夫?

  2. レゴのロボットでプログラミングを学ぶ!子どもと大人も楽しめる

    レゴのロボットでプログラミングを学ぶ!子どもと大人も楽しめる

  3. プラトンの「イデア論」とは「アイデア」の事である

    プラトンの「イデア論」とは、「アイデア」の事である

  4. JAXA・NASAも子どもロボットプログラミングを応援!

    JAXA・NASAも子どもロボットプログラミングを応援!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。