プラトンの「イデア論」とは、「アイデア」の事である

プラトンの「イデア論」とは「アイデア」の事である

古代ギリシアを代表する知の巨人「プラトン」

哲学者ホワイトヘッドをして「プラトン以降の全ての哲学はプラトンの注釈に過ぎない」と言わしめた、哲学の創始者とも言える人です。
プラトン
そのプラトンの代表的な考え方が、「イデア論」と呼ばれるもの。

このイデア論は、小難しいように思えて実は私達にも馴染み深いもの。

そしてイデア論は、プログラミング的思考にも大きく関係するものなんです。

プラトンのイデア論とは?

プラトンの代表的な考え方「イデア論」は、全ての物事には「イデア」と呼ばれる一種の模範型のようなものがあり、現実世界の私達の見ているものは、すべてイデアから作り出された影のようなものだという考え方です。

生成変化する物質界の背後には、永遠不変のイデアという理想的な範型があり、イデアこそが真の実在であり、この世界は不完全な仮象の世界にすぎない。
不完全な人間の感覚ではイデアを捉えることができず、イデアの認識は、かつてそれを神々と共に観想していた記憶を留めている不滅の魂が、数学・幾何学や問答を通して、その記憶を「想起」することによって近接することができるものであり、そんな魂が真実在としてのイデアの似姿(エイコン)に、かつての記憶を刺激されることによって、イデアに対する志向、愛・恋)が喚起されるのだとした。
Wikipediaより

はい、さっぱりわかりませんね。

プラトンが考えるイデア論の世界とは、キリスト教における「創造主・神様」のようなものだと考えるとわかりやすいかも知れません。

私達が暮らす現実世界の外には、真実の世界「イデア」がある。
人間もかつてはイデアの世界で暮らしていたが、この世に生まれ落ちたことでイデアを失ってしまった。
しかし、かつてイデアに触れていた記憶に触れることでイデアを想起することが出来、物事を認識できる。

三角形のイデアの例

プラトンの言い分を理解するために、三角形を例に出して考えてみましょう。

いくつかの三角形
これらの図形は、全て三角形です。
しかし、三角形はいくつかの特徴によって分類できます。

三角形の分類正三角形:すべての辺の長さが等しい
二等辺三角形:2つの辺だけの長さが等しい
直角三角形:直角を有する
三角形:上記のどれにも該当しない

これらは、厳密にはそれぞれ違う図形であるにも関わらず、私達は全てを「三角形」だと認識できます。

それは、イデアの世界において「全ての三角形の特徴を兼ね備えた完璧な三角形」というものが存在しており、それこそが「三角形のイデア」です。

しかし、私達の世界において二等辺三角形と直角三角形と正三角形の特徴を一つの図形で兼ね備える事は不可能です。
つまり、私達は三角形のイデアを認識することは出来ません。

でも、かつてイデアの世界で三角形のイデアに触れていたときの記憶が残っており、その影として現実の三角形を見ているため、二等辺三角形でも正三角形でも全て「三角形」だと認識出来るということです。

プラトンはイデア論で「善」を探求した

プラトンは、イデア論を用いて「本当に善いこと」とは何かを考えようとしました。

自分にとって良いことが、他人にとっては良くない事である場合があります。
また、相手は嫌がっていても、長期的に見れば相手のためになる良いことというのもあり、逆もしかりです。

ありとあらゆる場合、どんな条件下でも成立する「絶対普遍の良いこと」などと言うのは存在するのでしょうか?

プラトンは、最高のイデアとして「善のイデア」が存在し、善のイデアは絶対普遍の善を表すと主張しました。
しかし、現実世界の私達は善のイデアを認識することが出来ないため、実際には「絶対普遍の良いこと」をこの世で実現することは出来ません。

それでも、善のイデアについて思念し、探求し続けることで、少しずつでも絶対普遍の善に近づこうとすることに価値を見出したのです。

イデア論とは「アイデア」のこと

「イデア論」なんていうと、非常に小難しいように聞こえますが、実はこの「イデア」とは英語の「アイデア(Idea)」の語源となった言葉です。

「仮想の世界に存在はするが、現実世界に実現することは出来ない」

これこそが「イデア(アイデア)」だと考えれば、イデア論についてもわかりやすいかも知れません。

「私の頭の中には、すごく理想的な完璧なプランがあるんです!」
と思っていても、いざ
「じゃあ具体的に企画書に起こしてくれ」
と言われたら、どうにも上手く行かない。

頭の中では完璧なはずなのに、実際に形にしようとすると上手く行かない。

誰もが平和に暮らしたいと思っており、争いを避けようとしているのに、現実的には戦争をなくすことが出来ないのと似ているかも知れません。

これこそがイデア論の本質です。

プログラミング学習でアイデアを形にしよう

なぜこの記事でイデア論の話しなどをしたかと言うと、この「頭の中では完璧なアイデアがあるのに、実際に形にすることが出来ない」ということが、プログラミング学習によって少しでも解消出来るからです。

プログラミング学習では、PCやタブレットの学習ソフト、場合によってはロボット教材やパズル教材などを使って「頭の中のアイデアを形にしていく」ことを練習します。

低学年のうちからこのようなプログラミング学習に親しんでおくことで、子どもの思考力・創造力に大きな影響があることがわかっています。
プログラミング

プログラミングでつく力・頭の中のアイデアを形にしていく力
・より良い結果を導くアイデアを生み出す力
・アイデアを言葉にして、形にして人に伝える力

これらの力は、将来どんな職業につくにしても役に立つもの。
そして、AIに仕事を奪われない、人間ならではの力とも言えます。

お子様を「頭のいい子ども」に育てるために、プログラミング教室を探してみては如何でしょうか?

関連記事

  1. 子ども用プログラミングおもちゃ【embot】が面白い

    子ども用プログラミングおもちゃ【embot】が面白い

  2. JAXA・NASAも子どもロボットプログラミングを応援!

    JAXA・NASAも子どもロボットプログラミングを応援!

  3. レゴのロボットでプログラミングを学ぶ!子どもと大人も楽しめる

    レゴのロボットでプログラミングを学ぶ!子どもと大人も楽しめる

  4. 学校用タブレット保管庫:31万円 プログラミング教育は大丈夫?

    学校用タブレット保管庫:31万円 プログラミング教育は大丈夫?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。